あおいの日常ちゃんねる

大学3年生の21歳女子です。私が日々感じていること・楽しかったことなど日常生活についてつぶやきます。

Twitterやる時間減らしたらストレス減った。

手越さんが前から言ってたことだけど、

スマホに操られるな」。

 

最初は「何をゆーとんの」と思ってたけど、

Twitterをあまりいじらなくなってから意味が少し分かるようになってきた。

 

NEWS手越祐也のオタクをしていた頃は、毎年のように出てくる文春砲やフライデーの報道に振り回されていた。

 

見なきゃいいのに、得体のしれない不安に襲われてTwitterのホーム画面を何度も更新する。

そのたびに出てくるファンのツイート。

 

その意見は実に様々。

 

推しのことは基本的に全肯定するオタクもいれば、悪いことはしっかりTwitterでダメ出しするオタクもいた。

 

人気だった彼は、オタク以外からもバッシングを食らっていた。

「またかよ」とか「ジャニーズ辞めろ」とか

それはそれはいろんな意見があった。

 

Twitterを見るたびに、そんな言葉に傷ついて眠れない夜もあった。

Twitter見なきゃいいのに。

 

でも見てしまう。

それは自分がSNSに操られていたから。

 

そして、これまでの週刊誌報道を見てきた私は、「Twitterを見る頻度を減らす」ことを決めた。

 

ただ、これが案外難しい。

 

当たり前のようにTwitterの青いアイコン押していたから、スマホのロックを解除したらまず青いアイコンを押してしまうのだ。そして、意味もなくホーム画面を更新して意味もなくオタクのツイートを眺める。

 

このままじゃ改善しないと思った私は、まず「少しずつフォロー解除する」ことにしてみた。

 

フォローしてる人が少なければ、更新される回数が減る。

 

で、価値観の会わなさそうな人や、特に絡んでいない人はちょこちょこフォローを外していった。

結局、フォローしていた人は91人から13人に減らした。後は公式アカウントがほとんど。

 

もともと頻繁にフォローするほうではなかったから、フォロー数を減らすだけでもだいぶ効果はあった。

 

次にしたのは「アプリを消す」

Twitterを簡単に見れる環境を自分から失くしてしまうのだ。

 

Twitterをブラウザから見るようにすれば、アプリから見るより手間がかかるからあんまり見なくなる。

これも割と成功だった。

 

で、今じゃほとんどTwitterは見なくなった。

 

価値観の人の意見が目に入ってイライラすることも減ったし、心無いツイートを見て傷つくのも減った。

 

だいぶ精神的に楽になった。

 

彼の言うことは正しかったのだ。