あおいの日常ちゃんねる

大学3年生の20歳女子です。私が日々感じていること・楽しかったことなど日常生活についてつぶやきます。

最近SixTONESにハマり始めた手越担

いまだにこの「担当」呼びに愛着があるので、ジャニーズを辞めたにもかかわらず「手越担」呼びしているのは許してくださいm(__)m

 

最近、Youtubeを見ていてたまたま「ジャニーズJrチャンネル」が目についていたので、ちょっと見てみました。ちなみに初めて見た動画は「10万円アポなし旅」あの富士サファリパークに行っていた動画です。

 

まぁーーー面白い面白い。

 

くだらない(すみません)ことでぎゃはははAHAHAHA笑っているのが面白くてついつい全部見てしまいました。

 

SixTONESのことは、手越さんを通して京本大我くんだけ知っていました。

 

ですが、あんなに面白い集団だとは知らなんだ。

 

「タイプの違うイケメンが揃っている」という印象を受けました。

しかもみんな歌うまいし。

 

そんでもってジャニーズJr.チャンネルのトラベルコンテンツの再生リストを全て見終わってしまいました。面白すぎてこんなに時間が早く感じたのは久しぶりです。

 

コメント欄を見てみると、やっぱり私と同じように自粛期間中にSixTONESにハマった人が多いみたいですね。

でも昔から応援していたファンにとっては、ファンが増えるのは複雑なのかな・・・とも。

それでも新規をウェルカムしてくれている人もいるのでなんだか嬉しいです。

 

SixTONESSnowManYouTubeを始めたのは本当に正解だと思います。逆になんでジャニーズはYouTubeを始めなかったのが疑問に思うほど。

 

ではメンバー1人ずつ感想を。

 

京本大我さん・・・とにかく可愛い&歌がうまい。手越さんに直々にボイトレをしてもらっていたからかビブラートがものすごいうまい。ほんで年長組なんだって?ありえないありえない。あと色白すぎ。しかもああ見えて毛深いとかやば過ぎ。←

幼少期のお写真を拝見しましたが、あれは誘拐されなくてホント良かったねっていうほどの美少女。可愛すぎ。

あ、ちなみに私もトマト好きです。

 

ジェシーさん・・・ザ・陽キャっていう印象。AHAHAHA!!っていう笑い声がかなり特徴的だなって思った。面白い。一回Youtubeで「ジェシーの恋愛観」みたいな動画見たんだけど、あれは恋だわ。落ちてまうわ。でもクラスにいたら絶対話しかけられないタイプの人だな(笑)。でも私みたいな陰キャでも、ジェシーさんなら平等に話しかけてくれそうな感じ。真の陽キャって感じ。

 一回生で見てどんぐらい背が高いか見てみたいな。

 

松村北斗さん・・・シンプルにタイプ。好き。声がいい。今度ライアーライアー見に行きます。「僕が僕じゃないみたいだ」での歌い出しすごい好き。毛ぇ薄いとか羨ましい(また毛の話)。私のちょっと分けてあげるよ(やめろ)。

人見知りで、外部ではツンなのに心を許した人にはデレなところとかが私と似てるなーとか密かに思ってます。

追記:ライアーライアー観ました。もうあなたにゾッコンです。

関連記事>>>【ネタバレあり】新規スト担、やっと「ライアー×ライアー」観てきました。

 

田中樹さん・・・最初はちょっとコワめの方かなぁと思ったらめちゃくちゃいい人。絶対いい人。司会進行がうまい。Youtubeでは免許証をさらしたり住所・電話番号をさらしたり大事な部分をさらしたり・・・(笑)オープンな方だなぁと思いました。

北斗くんとのラジオで、北斗くんが喋り倒してるときに、相槌打ったりちゃんと反応してるところが「聞き上手な人だなぁ」って思いました。聞き上手な人だとこっちも喋りたくなるもんね。

 

 森本慎太郎さん・・・なんか太陽みたいな人だなぁという印象。あと、眉毛がよく動くなぁという印象。あと、気遣いのできる優しい人だなぁとも思いました。たまたま慎太郎君が小さいころにセンターで歌っていた動画を見ましたが、なんだか別人のようですね。あの可愛らしい少年が成長して「カツ揚げりゃよかった!!」と言うことになるとは・・・。

ライアーライアー観てて、歴史同好会(名前忘れた)の部長さんが出てきたときに慎太郎くん思い出してちょっと笑ってしまいました。どうしてくれるんスか。

 

高地優吾さん・・・とっても笑顔の素敵な方だなぁという印象。そして、メンバー(特にジェシー)から「コーチ!コーチィ!」といじられている様子がとっても微笑ましい。バイクがお好きなんてカッコいい。将来はダンディーなおじさまになるような気もします。

ANNの「クイズ!高地優吾」聴きました。多分今年一番笑った。あれ聴いてたら「高地優吾」ってめちゃくちゃいい名前だなって思いましたね。

 

以上、あおいの偏見によるSixTONESの印象でした。